事業承継支援

ジャイロの考える事業承継の勘所

事業とは、「ゴールのないマラソンである」と例えることが出来ます。特に中小企業の場合は、後継者育成とその事業承継の成否ひとつで事業が発展するか、はたまた事業が下り坂になるのかに大きく影響してきます。そこで働いている従業員にとっても気が気ではないものであり、失敗は許されないのです。
しかしながらその実態は、経営者が高齢となり事業が継続できなくなった為、急遽息子を後継者とするなど、その場限りの事業承継が数多く存在しているのが事実です。
ジャイロでは、数多くの事業承継のアドバイスや支援を行っており、後継者に事業を託したい現経営者の方、経営を将来任される後継者の方、それぞれの立場からアドバイスさせて頂きます。
事業承継の大半は、同族である場合が多く、「経営者と後継者」の関係以前に、「親父と息子」の関係が大きな壁として立ちはだかっています。この障壁を取り除くためには、コンサルタントからの第三者からの客観的な説得やアドバイスが大きな効果を発揮します。

提供メニュー

●後継者選定アセスメント(後継者候補から特定の人を選定します)

●後継者育成プログラム

●後継者選定・育成コンサルティング

支援例

支援例:S社

課題

S社は婦人下着販売会社である。販路はネットワークビジネスの形態であり、傘下に代理店を多数有している。代理店の経営者が高齢化しているという問題が顕在化しており、事業承継の支援をS社が行えるかどうかが、S社の今後の経営を左右しかねないことが指摘される。

支援内容

現経営者の後継者育成に関わる危機感を醸成することから、S社への全面的な支援活動に入った。次いで、後継者(候補)となる人を選定していただき、それらの人を集めて研修会にて経営能力の育成を進めている。

支援例:G社

課題

G社は靴小売業である。兄弟で経営しており、社長が兄である。いずれは分社化するなどで、互いに独立した経営体を目指すことが暗黙の了解事項であったが、きっかけが掴めないままに、10年以上が経過していた。

支援内容

コンサルタントから独立店舗の開設を持ち掛け、ようやく店舗開設の機運が高まった。新店舗を開設するにあたり、法人設立、店舗立地選定、内外装工事、品揃え、開店準備広告宣伝などの一連の活動を通じて、経営者教育を施した。

 

 

 

経営コンサルティングに関しての
ご相談・お問い合わせ(47都道府県対応)